ディーラーのプレゼンの裏を読めなかった。

シルバーのジャガー

ミレニアム限定と言うことで、前々から気になっていたジャガーに心が動いてしまいました。妻の反対を押切購入したのですが、細部の故障が余りにも多く、部品交換にはイギリスへ発注すると言う有り様でした。改めて国産車の世界的人気の根元を知りました。

最初の印象では、元々乗っていた日産インフィニティQ45よりも音響の悪さに驚きました。しかし、人間とは慣れるもので適度に慣れ、ある意味それでも高い買い物をしてしまった後ろめたさから満足したのでしょう。走りは申し分なかったのですが、燃費の悪さ、修理費の高さに驚いたのも事実です。男のロマンと単なるステイタスが必ずしも両立しないことをこの歳になって分かったような気がしました。

妻の反対を押しきって購入しただけに、故障、部品交換のつど居心地の悪い日々でした。それでも10年頑張りました。そして下取りは10000円…。情けない限りの10年でしたが、交差点等で他車と並ぶと少々鼻高々でしたが、いま思えばそれがなんだ…の世界です。

丁寧なディーラーの接客には充分満足致しました。まるで自分がセレブにでもなったような対応に心地よかったのを今でも覚えています。ディーラーのプレゼンが上手だったと言えますが、これだけの対応とサービスを心掛けているなら、なんて結局は自分で自分を納得させただけでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)